西野亮廣、映画『えんとつ町のプペル』動員100万人突破! 「信者ビジネス」炎上の逆風も……ファンがチケット追加購入?

西野亮廣、映画『えんとつ町のプペル』動員100万人突破! 「信者ビジネス」炎上の逆風も……ファンがチケット追加購入?
拡大する(全1枚)
西野亮廣オフィシャルブログより

 2020年12月25日に公開したアニメ映画『えんとつ町のプペル』が、24日間で観客動員数100万人、興行収入14億円を突破(興行通信社調べ)したと報じられた。原作・脚本・製作総指揮を手がけたキングコング・西野亮廣が展開するチケット販売方法には、「信者ビジネス」「胡散臭い」という批判も噴出しているが、業界関係者は「まだまだ動員は伸びそう」と期待を寄せているようだ。

「16年に出版された絵本版『えんとつ町のプペル』(幻冬舎)は、すでに累計発行部数65万部超えを記録。アニメ映画版では、ゴミ人間・プペルの声を窪田正孝、煙突だらけで煙に覆われた“えんとつ町”で暮らすルビッチの声を芦田愛菜が担当しています」(映画誌ライター)

 西野といえば、16年から運営しているオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」(当時は「おとぎ町商工会」)をめぐり、このところネット上で「サロン会員を食い物にしているのでは?」との疑惑が取り沙汰されていた。というのも、会員とみられる一般男性が、映画のシナリオ台本と前売りチケットを「80セットで23.6万円」の原価で仕入れ、利益を出せる値段で販売する権利を買ったものの、どのように売りさばくか悩んだ末、自分で映画を80回見ることにした……という経緯を、ネット上に公開。これが話題となり、「西野はこんなやり方でチケットをさばいてたのか」「西野だけは絶対に損しないシステム、えげつない」「サロン会員は“西野信者”だから、すっかり騙されてしまうんだよ」などと物議を醸したのだ。


当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク