KAT-TUN・亀梨和也、実は“視聴率を持ってない”ジャニーズ!? 『レッドアイズ』前2作は「目を覆いたくなる大爆死」

KAT-TUN・亀梨和也、実は“視聴率を持ってない”ジャニーズ!? 『レッドアイズ』前2作は「目を覆いたくなる大爆死」
       
『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)公式サイトより

 KAT-TUN・亀梨和也が主演する連続ドラマ『レッドアイズ 監視捜査班』(日本テレビ系)が、1月23日にスタートする。

 亀梨は、2019年4月期の『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)、18年1月期の『FINAL CUT』(同)、17年4月期の『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)と、主演作が目下3作連続全話平均2ケタ割れ(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)。特に『ストロベリーナイト・サーガ』と『FINAL CUT』は、それぞれ全話平均6.6%、6.9%と、目を覆いたくなるような数字だった。『レッドアイズ 監視捜査班』で、この悪い流れを断ち切れるか、注目が集まる。

 『レッドアイズ』で亀梨は、元神奈川県警捜査一課刑事の探偵で、民間の捜査機関「KSBC」(神奈川県警捜査分析センター)の特別捜査官に転身する主人公・伏見響介役を担当。その伏見が、過去に犯罪歴を持ちながらも天才的な頭脳を持つ人物たちと、最新の科学情報捜査で難事件に挑んでいく様子が描かれるそうだ。

「亀梨の主演ドラマが低視聴率なのは、今に始まったことではありません。確かに、古くは05年の『野ブタ。をプロデュース』、また11年の『妖怪人間ベム』や16年の『怪盗 山猫』(いずれも日本テレビ系)など、ヒット作がないわけではないですが、『ストロベリーナイト・サーガ』と『FINAL CUT』以外にも、09年の『神の雫』(同)や10年の『ヤマトナデシコ七変化(ハート)』(TBS系)、13年の『東京バンドワゴン~下町大家族物語』(日本テレビ系)などは大爆死。そこまで潜在視聴率を持ってないジャニーズといえるでしょう」(同)


当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月23日の女性コラム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

女性が気になる恋愛、美容、グルメ、トレンドスポット情報が充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。