6月13日、韓国発サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101』の日本版『PRODUCE 101 JAPAN』SEASON2(GYAO!で配信/以下、日プ2)が、最終審査を終えた。TBS系で生放送された審査模様には、ネット上で「悲劇再び」と悲鳴が上がっている。

 同番組は、事前の選考を経て選ばれた101人の練習生が、約半年間にわたってさまざまなミッションに挑戦。国民プロデューサー(視聴者)による投票によって勝ち残った最終11人がCDデビューへの切符を手にすることができる。

 13日放送の最終回では、上位21名がファイナルステージへ進出。2チームに分かれてそれぞれ課題曲を披露した後、最終順位が発表され、センターを務める木村柾哉をはじめ、高塚大夢、田島将吾など計11人の練習生がグローバル男性アイドルグループ「INI(アイエヌアイ)」としてデビューすることが決定。楽曲デビューだけでなく、すでにCM契約も決まっているという。

 同番組の盛り上がりや、『日プ』SEASON1でデビューした先輩グループ・JO1の活躍から「INI」に期待を寄せる声はネット上でも多く見られるが、一方で、デビューが確実視されていた練習生・西島蓮汰が、11人に選ばれなかったことにショックを受けるファンが続出している。

「もともと韓国の芸能事務所の練習生だった西島は、事務所を辞めて『日プ2』に参加。過去の投票では、すべてデビュー圏内の10位以内にランクインしており、最高位は3位。ファイナル直前の審査も4位と、人気はトップレベルと見られていました。しかし、最終審査で突如16位に転落。ネット上のファンからは『蓮汰がデビューできないなんて、今でも信じられない』『オーディションってこういうことがあるから怖い』『デビューさせてあげられなくて、ごめん』といった声が相次いでいます」(テレビライター)