人気ジャニーズJr.・HiHi Jets、「不快」「リスペクトの欠片もない」と怒りの声! Hey!Say!JUMPの“楽曲カバー”で物議を醸す

人気ジャニーズJr.・HiHi Jets、「不快」「リスペクトの欠片もない」と怒りの声! Hey!Say!JUMPの“楽曲カバー”で物議を醸す
拡大する(全1枚)
そういう大学の演劇サークルみたいなノリ、やめような

 7月30日、ジャニーズJr.内ユニット・HiHi Jetsが出演するコンサート『Summer Paradise 2021』が、TOKYO DOME CITY HALLでスタートした。公演では、Hey!Say!JUMPの楽曲「ペットショップラブモーション」(以下、「ペトラ」)をカバーして披露したが、一部の演出がファンの間で物議を醸している。

 同曲は、2015年に発売されたHey!Say!JUMPのアルバム『JUMPing CAR』の収録曲。コンサートでは、伊野尾慧、高木雄也、知念侑李、中島裕翔がネコ、犬、ネズミ、ウサギの被り物で登場し、愛らしい姿を披露していたという。これまで数々の後輩たちがカバーしてきた人気曲で、JUMPファン以外にも親しまれている。

 そんな中、HiHi Jetsはオリジナルとは異なる衣装や演出で臨んだようだ。初日の公演を見たファンのレポートによれば、メンバーはカマキリ(高橋優斗)、木の妖精(猪狩蒼弥)、トラ(橋本涼)、ウサギ(作間龍斗)、ペットショップのお客さん(井上瑞稀)に扮して登場し、カマキリが木の妖精におしりをくっつけて、産卵を始める……といった一幕では、井上が客席の様子を見て「引いてる!」と口にしていたという。

 公演に入っていたファンからは、「『ペトラ』は普通に荒れるだろうなって感じ。曲間にコントっぽい会話が入っていたのはよくない」「『ペトラ』をネタ扱いしてたけど、やめたほうがいいと思う」といった声が上がり、レポートを目にしたJUMPファンも、「カマキリの産卵シーン? 何それ不快」「『ペトラ』でカマキリが出てくるってどういうこと? 先輩の曲をネタ曲として使うのはどうなの?」「JUMPへのリスペクトの欠片もないな。先輩の曲で遊ぶのはやめて」などとSNS上で不快感をあらわにしている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
Amazonおすすめランキング
お買いものリンク