篠原涼子の不倫ドラマ『金魚妻』、追加キャストに長谷川京子! いわくつき俳優集合で「未来を暗示していたかのよう」とどよめき

 10月21日、篠原涼子が主演を務めるNetflixオリジナルドラマ『金魚妻』(2022年全世界独配信)の続報として、追加キャストや予告映像が解禁された。原作は漫画家・黒澤R氏の同題作品(集英社)で、“不倫”がテーマの物語だが、「ここに来て“いわくつき”の出演者が揃いつつある」(芸能ライター)という。

「篠原が演じるのは、夫のDVやモラハラに苦しむ主人公・平賀さくら。今回新たに、傷ついたさくらを優しく受け入れる豊田春斗役に岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、さくらの夫・卓弥役には安藤政信、さくらに対して挑戦的な箱崎ゆり葉役を長谷川京子が演じることが明らかとなり、そのほか松本若菜、中村静香、瀬戸さおり、石井杏奈(元E-girls)、眞島秀和、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、犬飼貴丈、久保田悠来といった出演者も発表されました」(同)

 篠原主演でドラマ化することが発表されたのは、昨年12月。篠原といえば、今年7月に俳優・市村正親と離婚したが、市村と婚姻中だった16年には、「女性セブン」(小学館)で江口洋介との“深夜デート”をキャッチされた。さらに、今年8月5日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、篠原が離婚前から韓国のアイドルグループ・SUPERNOVAのメンバー、グァンスや飲食店経営者と“親密関係”にあったと報じられている。

「そのため、今となってはネット上に『“不倫疑惑”がつきまとう篠原が不倫妻を演じるって、ある意味リアリティありすぎ!』『未来を暗示していたかのようなキャスティング』と驚く声が見られるほか、『そもそも原作のさくらは20代のはずなのに、なぜ篠原である必要があったのか』『主人公と篠原涼子じゃ全然イメージが違う。原作ファンだから残念』『岩ちゃんのラブシーンの相手、篠原涼子か……』と不満の声も寄せられています」(芸能ライター)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「不倫」に関する記事

「不倫」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「不倫」の記事

次に読みたい「不倫」の記事をもっと見る

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク