吉高由里子主演『最愛』、「『Nのために』に似てる」と話題も視聴率イマイチ? 「2話目でダウン」の定説で前半戦は苦戦の予感か

吉高由里子主演『最愛』、「『Nのために』に似てる」と話題も視聴率イマイチ? 「2話目でダウン」の定説で前半戦は苦戦の予感か
拡大する(全1枚)
『最愛』(TBS系)公式サイトより

 吉高由里子が主演を務める連続ドラマ『最愛』(TBS系)が、10月22日に第2話の放送を迎える。同15日からTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠にて放送を開始した同作だが、業界関係者の間では「評判自体は悪くないものの、視聴率面では低迷が心配されている」という。

「同ドラマは、連続殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、彼女の初恋相手で警視庁捜査一課の刑事となった宮崎大輝(松下洸平)、梨央を守ろうとする弁護士・加瀬賢一郎(井浦新)を中心に展開する、完全オリジナル脚本のサスペンスラブストーリー。第1話では、かつて思い合っていた梨央と大輝が、殺人事件の重要参考人と担当刑事という立場になって、15年ぶりに再会を果たすまでが描かれました」(芸能ライター)

 なお、吉高が同局「金曜ドラマ」枠で主演するのは、今回が初めて。そんな『最愛』は、同枠で放送された『Nのために』(2014年10月期)や『アンナチュラル』(18年1月期)、『MIU404』(20年6~9月)でプロデューサーを務めた新井順子氏と演出の塚原あゆ子氏が参加していること、そんな両名と『リバース』(17年4月期)で組んだ奥寺佐渡子氏&清水友佳子氏が脚本を担当することも、大々的に告知されていた。

 初回放送後、ネット上では“第1話に殺人事件が起こり、現在と過去を交錯させながら事件の真相を追っていく”というストーリー構成や、作品全体の雰囲気が「『Nのために』に似てる」とネット上で注目を集め、Twitter上では「#Nのために」がトレンド入りを果たすなど、大きな話題を呼んだ。しかし、世帯平均視聴率は8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と2ケタ台には届かず、イマイチな結果に。豪華なスタッフ陣を見ても、TBS的にかなり気合の入ったドラマであることがわかるだけに、やや物足りないスタートとなった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク