日曜劇場『日本沈没』第2話、視聴率15.8%で好調維持も……「見るのしんどい」「不安」と視聴者は恐怖感!?

日曜劇場『日本沈没』第2話、視聴率15.8%で好調維持も……「見るのしんどい」「不安」と視聴者は恐怖感!?
拡大する(全1枚)
『日本沈没―希望のひと―』(TBS系)公式サイトより

 小栗旬主演のTBS系「日曜劇場」枠ドラマ『日本沈没―希望のひと―』の第2話が、10月17日に放送された。世帯平均視聴率は15.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、初回の15.8%とほぼ同じ数字を記録して好調を維持。そんな中、ネット上では「ドラマと現実がリンクしすぎ」と驚きの声が続出した。

 同作は、1973年に発表された小松左京のSF小説『日本沈没』(光文社文庫)を現代の設定に合わせて実写化。第1話のラストでは、政府が推し進める地下エネルギー発掘システム「COMS<コムス>」によって、“関東が沈没する”と主張する風変わりな地震学者・田所雄介(香川照之)の予言通り、伊豆沖にある日之島が沈没してしまう衝撃の展開が起こった。

 続く第2話では、環境省の官僚で、COMSの取りまとめを行った「日本未来推進会議」の一員・天海啓示(小栗)が対策を行うべきだと主張するも、政府に協力する物理学者・世良徹(國村隼)は沈没の可能性を否定し、真っ向から意見がぶつかることに。そんな中、天海はある企業との癒着疑惑が週刊誌で報じられ、謹慎させられてしまう……という内容だった。

「なお、第2話も田所が“1年以内に関東沈没が始まる”と予言する、衝撃のラストを迎えました。ネット上では『スケールが大きくて面白い!』『原作あるのに、全然先が予測できない。さすが日曜劇場』などと絶賛する声もありますが、『現実とリンクしすぎてて、見るのがしんどくなってきた』『本当に日本が沈没しそうで不安になってきた』といった、恐怖感を覚える視聴者も多い」(芸能ライター)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク