V6に「ジャニーズ事務所内でタブー視された」トラブルの過去あった!? メンバーに亀裂が走った“岡田贔屓”の実態

V6に「ジャニーズ事務所内でタブー視された」トラブルの過去あった!? メンバーに亀裂が走った“岡田贔屓”の実態
拡大する(全1枚)
11月1日まで残り5日……

 10月26日に放送された、ジャニーズグループ・V6出演の特別番組『学校へ行こう!2021』(TBS系)が、ファンを中心に大好評を博している。V6は11月1日をもって解散するだけに、“最後の日”を目前に控え、グループの功績やメンバー間の絆にも、あらためて注目が集まっているようだ。しかし、同番組を巡っては、かつて「ジャニーズ事務所内でもタブー視されている、衝撃のトラブルが発生していた」(テレビ局関係者)という。

 1997年10月から約11年間(2005年4月からは『学校へ行こう!MAX』に改題)にわたって放送された同番組。最後の放送となった今回は、V6のほか、渡辺満里奈や紗栄子、夏帆といった歴代のレギュラー陣が出演。名物コーナーの「B-RAP ハイスクール」や「東京ラブストーリー」からおなじみのキャラクターが次々と登場したほか、人気企画「未成年の主張」では、番組MCとして長年V6を見守ってきたみのもんたもサプライズ出演するなど、見どころ満載の内容となった。

 一方のV6は、95年のCDデビュー以来、グループとしての活動はもちろん、「20th Century」「Coming Century」と2つのユニットに分かれて活動を行うほか、役者業や司会業など、それぞれの分野で個人活動を展開。そんな中、今年3月に、メンバー・森田剛の事務所退所と同時にグループを解散することを発表した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク