高杉真宙、前事務所・スウィートパワーから“圧力”はナシ!? 後輩・岡田健史の“独立裁判”騒動が好影響か

高杉真宙、前事務所・スウィートパワーから“圧力”はナシ!? 後輩・岡田健史の“独立裁判”騒動が好影響か
拡大する(全1枚)
高杉真宙公式サイトより

 今年4月に芸能事務所・スウィートパワーから独立し、個人事務所・POSTERSを設立した高杉真宙。現在放送中の連続ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系、以下『ハンオシ』)に出演しているが、業界内では「独立後の仕事状況に、困惑の声が上がっている」(スポーツ紙記者)ようだ。

「高杉の退所は、昨年11月16日にスウィートパワーの公式サイトで発表されました。翌17日発売の『女性自身』(光文社)によると、高杉は事務所に対して『アイドル的な役者と僕は違います』などと主張し、すでに内定していたというNHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の出演を辞退したとか。ネット上には『決まっていた仕事すらナシにして辞めるなんて無責任』といった批判のほか、『ほかにも何かトラブルがあったのでは?』との臆測も上がっていました」(芸能ライター)

 実際に業界内でも、高杉とスウィートパワーは“揉めている”とみられていたそう。

「『女性自身』の報道をめぐっては、高杉を“悪者扱い”するため、『事務所側がネガティブな情報をリークしたのでは』という疑惑も一部でささやかれていました。一方で高杉も、スウィートパワー側が独立を快く思っていないことは承知していたらしく、圧力を受けることを想定して周囲に退所後の活動について相談していたといいます。特に気にしていたのが、『名前を使えなくなること』だったそう。スウィートパワーのタレントは基本的に、退所後は芸名を変更する……というのが通例だったため、『高杉真宙』の名前を捨てなくてはならないのかと心配していたようです」(前出・スポーツ紙記者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク