吉岡里帆主演作は「だいたいコケてる」!? 映画『ハケンアニメ!』主演で、演技力に疑問の声

 女優の吉岡里帆が、来年5月公開の映画『ハケンアニメ!』で主演することが発表された。作家・辻村深月氏による同題小説(マガジンハウス)の実写映画で、11月25日には映画公式サイト上で特報映像も解禁。ネット上でも話題になっているが、同時に「今度こそ吉岡主演の代表作になるか」(芸能ライター)と注目されているようだ。

「アニメの頂点“覇権アニメ”をめぐって業界で繰り広げられる戦いを描いた『ハケンアニメ!』は、2019年に舞台化もしている人気作品。今回発表された映画版では、吉岡が新人アニメ監督・斎藤瞳を演じ、ライバルとなる伝説の監督・王子千晴役には中村倫也が起用されていて、そのほか柄本佑、尾野真千子の出演も明らかになっています」(同)

 ネット上には、吉岡や中村のファンから喜びの声が上がっている一方、原作ファンからは「悪くないキャスティングだけど、映画にすることで物語の良さが半減しないか心配」「安っぽい感じになったら嫌だなぁ」といった懸念が寄せられている。また、一部ネットユーザーからは「吉岡って演技うまいイメージないのに、なんで主演できるんだろう」「ドラマとかだいたいコケてるイメージあるけど」という意見も噴出しているようだ。

「吉岡といえば、17年1月期の連続ドラマ『カルテット』(TBS系)で演じたミステリアスなレストラン店員・来杉有朱役で『第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞』新人賞を受賞するなど、大きな注目を浴びました。しかし、その後主演した18年1月期の『きみが心に棲みついた』(同、以下『きみ棲み』)や同7月期の『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系、以下『ケンカツ』)では、ネット上で『演技が微妙』『吉岡は脇役で輝くタイプなんだね』といった指摘が続出。視聴率も『きみ棲み』が全話平均7.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『ケンカツ』が5.8%という厳しい結果に終わっています」(同)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

女性コラムニュースランキング

女性コラムランキングをもっと見る
お買いものリンク