NiziUの初アルバム、初週17.9万枚で「日向坂46ほうが売り上げは上」「微妙な数字」との声も
拡大する(全1枚)
NiziU『U』(ERJ)

 9人組グローバルガールズグループ・NiziUのファーストアルバム『U』(11月24日発売)が12月6日付の「オリコン週間アルバムランキング」で初週売上17.9万枚を記録し、初登場1位を獲得。ネット上では、「NiziUの人気、すごい!」「正直、微妙な数字」などとさまざまな反応が寄せられている。

 同アルバムは、過去に発売されたシングル曲やリード曲「Chopstick」のほか、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとのコラボソング「FESTA」、バンダイ「たまごっちスマート」CMソングの「Wonder Dream」、ロハス製薬「ALFACE+」CMソングの「Twinkle Twinkle」、コーセー「ヴィセ」CMソングの「9 colors」など、タイアップ曲も多く収録されている。

 ニュースサイト「オリコンニュース」によると、ファーストアルバムでの“初週10万枚超え”は、女性アーティストでは“今年度初”とのこと。この快挙に、ネット上のファンからは「1位おめでとう! 素敵なアルバムをありがとう」「初週で15万枚超えちゃうなんて、NiziUの勢いすごすぎ!」「アルバム1位だし、CM多いし、人気テレビ番組にも出てくれるし、NizUの快進撃が続いてるね!」などと歓喜の声が相次ぐ一方で、「あれだけCMやテレビに出てるのに、初週20万枚届かないのは正直、微妙な数字に感じる」「ゴリ押しすごいのに、日向坂46のアルバムのほうが売り上げは上なんだね」「NiziUの売り上げ枚数見ると、やっぱりSnow ManやKing&Princeのアルバムの売り上げってすごいんだなって思う」といったネガティブな意見も見られる。