なにわ男子、生放送での不適切発言を謝罪! 道枝駿佑の「コンビニは体によくない」コメントにもファン苦言
拡大する(全1枚)
この子たちに放送禁止ワードのコンプラ授業をやってあげてー(C)サイゾーウーマン

 なにわ男子がパーソナリティを務めるラジオ番組『なにわ男子のオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)。2月19日放送回は藤原丈一郎、高橋恭平、道枝駿佑が登場したが、番組中に「不適切な表現」の発言があったほか、なにわ男子がCMキャラクターを務める企業に関連してネガティブな発言もあり、ファンから苦言が寄せられている。

 毎週土曜日の午後7~9時に生放送されている同番組。19日放送回では、番組前半から道枝のスマートフォンのバーチャルアシスタント・Siriが起動するアクシデントに見舞われるなど、不穏なスタートを切っていた。

「メンバーの近況を話すコーナーでは、高橋と道枝のトークが終わった後、藤原が『先ほど放送の中で不適切な表現がありました。取り消してお詫びいたします』と謝罪。実はこの前に、高橋が銃撃戦ゲームに熱中したというエピソードを紹介した際、『残り2人まで残ってですね、「ラスト1人倒せるんじゃね?」と思って。1対1やと思ったら後ろから“バン”撃たれて、ギャーって発狂して、僕、もうパソコンを“台パン”してしまったんですよね』と話していました。藤原が謝罪するに至った『不適切な表現』とは、高橋が口にした『発狂』を指しているとみられます」(ジャニーズに詳しい記者)

 なお、ラジオ番組の聞き逃し配信サービス・radikoでは、高橋の「発狂」の部分が聞こえないように音楽が流れている。一般的に「発狂」という言葉は、テレビやラジオで“差別用語”として扱われ、使用が禁止されているため、このような対応に至ったのだろう。