小室眞子さん、同じ日に撮影された驚がくの写真! 「女性セブン」「女性自身」“バッシングありき”の印象操作記事
拡大する(全1枚)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

小室眞子さん、同じ日に撮影された驚がくの写真! 「女性セブン...の画像はこちら >>
「女性自身」5月10日17日合併号(C)サイゾーウーマン

 朋ちゃんこと華原朋美がついに25キロものダイエットに成功した。一時は80キロも超えていたというから逆にすごい。太ったともちゃんもかわいくて面白かったが、このままキープして、美しい朋ちゃんの再来を期待している。

第599回(4/21~4/26発売号より)
1位「独占スクープ 小室圭さんの強情に眞子さんやつれ果てて NY独占撮」(「女性セブン」5月5日号)
同「眞子さん 『セレブ生活は一生安泰』小室圭さんも高笑いの裏保障」(「女性自身」5月10・17日合併号)
2位「中森明菜 『孤高の歌姫』涙の40年秘録」(「女性自身」5月10・17日合併号)
同「中森明菜 『あれは聖子さんの歌だから…』舞台裏で見せた天性の才能と孤独な笑顔」(「週刊女性」5月10・17日合併号)
3位「深田恭子 不動産会社社長恋人不在の泥酔15時間『相談のお相手』(「女性セブン」5月5日号)

 小室圭さんがNYで2度目の司法試験を失敗したことで、またぞろ小室圭さん&眞子さんへのバッシングが再開された。しかも、その内容のいい加減さ具合は推測ばかりで“バッシングありき”具合は今回も健在だった。

 その一例が今週の女性週刊誌でも見事に現れている。まずは「女性セブン」を見ていこう。記事ではいろんな関係者からのコメントとして眞子さんの体調不良が心配されている。こんな風に。