韓国ドラマ通が語る、『梨泰院クラス』日本版リメーク『六本木クラス』の懸念点とは?
拡大する(全2枚)
韓国ドラマ『梨泰院クラス』制作発表会より(Getty Imagesより)

 2020年、『愛の不時着』とともに、「第4次韓流ブーム」の火付け役となったとされる韓国ドラマ『梨泰院クラス』がこのたび、7月期のテレビ朝日系「木曜ドラマ」で『六本木クラス』としてリメークされる。

 『梨泰院(イテウォン)クラス』は、前科者の青年パク・セロイ(パク・ソジュン)が、“宿敵”である国内最大外食企業「長家(チャンガ)」グループ会長チャン・デヒ(ユ・ジェミョン)に復讐を果たすため、仲間と共に飲食業界で成功を目指すという社会派ヒューマンドラマ。20年3月にNetflixでの独占配信がスタートするや、瞬く間に話題を呼び、配信から2年以上たった今も、日本国内の「今日の総合TOP10」にランクインするほどの根強い人気を見せている。

 しかし、“本家”の人気が高いゆえに、『六本木クラス』に対して不安を口にする人は少なくない。SNSでは特に、韓国の歴史や社会背景、文化を無視して日本版にリメークしたところで、「つまらない作品になるのでは」といった声が目立っている状況だ。

 そこで今回、『梨泰院クラス』の日本版リメークについて、『大人もハマる韓国ドラマ 推しの50本』(大月書店)の著書を持つライター/コラムニスト・渥美志保さんに、その懸念点をお聞きした。

『梨泰院クラス』日本版リメークは「やめとけばいいのにな」と思う理由

――『梨泰院クラス』が日本でリメークされると聞いた時、率直にどう思いましたか?


この記事の画像

「韓国ドラマ通が語る、『梨泰院クラス』日本版リメーク『六本木クラス』の懸念点とは?」の画像1 「韓国ドラマ通が語る、『梨泰院クラス』日本版リメーク『六本木クラス』の懸念点とは?」の画像2