声優・鈴木達央の不倫騒動から1年、『Free!』舞台挨拶に賛否! 「うれしい」「アニメ業界甘すぎ」
拡大する(全1枚)
写真ACより

 声優の鈴木達央が6月30日、4月に封切られた『劇場版 Free!-the Final Stroke-』後編の「大ヒット御礼舞台挨拶&ライブビューイング」に登壇。ネット上で賛否が巻き起こっている。

 この日は、橘真琴役の鈴木のほか、主人公・七瀬遙役の島崎信長、松岡凛役の宮野真守の3人が、東京・新宿ピカデリーに登場。この模様は、全国の劇場でも同時生中継された。

「それぞれが役について語ったほか、同日が遙のバースデーだったこともあり、役ボイスで祝福するなど、ファンを喜ばせました。参加した声優ファンからは、『この3人が並んだだけで幸せ』『たっつんの楽しそうな姿を見れて、本当にうれしい』と好意的な声が上がった一方で、ネット上では『鈴木達央が出てなかったらライビュ行きたかった』『こういう時に鈴木達央を登壇させるとか、アニメ業界は甘すぎる』と鈴木の登壇に否定的な声も見られます」(エンタメ記者)

 鈴木といえば、昨年7月にニュースサイト「文春オンライン」でファン女性との不倫関係が報じられたほか、相手女性に“未発表音源を聞かせた”という情報漏洩疑惑も浮上。妻で歌手のLiSAを案じて批判が相次いだほか、「コンプライアンス違反」と世間から猛バッシングを浴び、翌8月には“体調不良”を理由に活動を休止した。

「昨年12月に声優活動を再開させた鈴木ですが、騒動の影響でフル3DCGアニメ『ULTRAMAN』シーズン2(Netflix)の東光太郎役や、『東京リベンジャーズ』(テレビ東京系)の“ドラケン”こと龍宮寺堅役などを降板。そんな中、『劇場版 Free!』の舞台挨拶には、ほぼ皆勤。毎回和やかなムードですが、『なんで謝罪しないの?』『まずファンに謝罪でしょ』と直接的な謝罪を求める声も目立ちます」(同)