山口組の“魔の8月”を元極妻が解説! 長引く「分裂」で得するのは誰か?
拡大する(全1枚)
写真ACより

 今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

山口組の「魔の8月」

 毎日暑いですね。この原稿を書いている6月30日現在、すでに梅雨も明けて35度超えの日々が続いております。そして、どんどん「魔の8月」が近づいています。

 8月は、過去に山口組に関して2つの重大事件が起こっており、こう呼ばれているのです。というか「魔の8月」という表現は、山口組だけでなくヤクザ業界全体に浸透していました。

 ひとつは、1997年8月28日の、五代目山口組の宅見勝若頭射殺事件です。四代目山口組・竹中正久組長の射殺事件(85年1月27日)は、竹中組長の四代目襲名に不満を持つ組員さんたちの脱退からの事件でしたから、まあわかりやすかったのですが、宅見若頭の事件は、今も謎が多いといわれています。

 実行犯は中野太郎会長率いる中野会の組員でしたが、事件の日から中野会の関与はわかっていたはずなのに指名手配までに半年くらいかかっていますし、中野会長も当時は関与を否定していました。そして、中野会長は晩年、五代目山口組・渡邉芳則組長の同事件への関与をほのめかすご本を出していますが、記事の捏造疑惑も消えません。

 私はホントだと思ってますけどね。あれはエアでは書けないでしょう。それはさておき、この「身内による大幹部射殺」というタブー中のタブーの事件をきっかけに、組員同士がみんな疑心暗鬼状態になって本音で話せなくなったことで、執行部への不満が噴出、渡邉五代目の「クーデターによる失脚」説も出てきたといわれています。