『しゃべくり007』出演の花江夏樹、小野賢章、梶裕貴……業界関係者は「芝居に個性なし」の辛口評価
拡大する(全1枚)
写真ACより

 7月4日放送のバラエティ番組『『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、人気声優の花江夏樹(32)、小野賢章(32)、梶裕貴(36)が出演する。

 アニメ『鬼滅の刃』シリーズ(TOKYO MXほか)の主人公・竈門炭治郎役を演じ、一躍時の人となった花江。小野は12歳だった2001年から約10年にわたり映画『ハリー・ポッター』シリーズで主人公・ハリーの日本語吹き替えを担当しており、アニメ『黒子のバスケ』(同)シリーズの主人公・黒子テツヤ役でも知られている。

 また、梶はアニメ『進撃の巨人』(同)シリーズでエレン・イェーガー役を務め、近頃はドラマやバラエティ番組にも出演するなど、3人は業界のトップで活躍する人気声優だ。

 ともに30代で、これまで数々の人気品で主役を演じてきた彼ら。番組公式サイトで公開されている予告動画では、「オーディションは……」(梶)「めちゃくちゃ被ってますよ。バチバチですよ!」(小野)と語る場面もあった。声優業界関係者は3人について、以下のように語る。

「男性声優の場合、最近は早くなってきつつあるものの、だいたい20代後半あたりから主人公などの主要キャストに抜てきされて売れることが一般的です。花江は、20代前半の2014年に『東京喰種トーキョーグール』(同)の金木研役や、『四月は君の嘘』(フジテレビ系)の有馬公生役などで人気を集め、同年度の『第9回声優アワード』にて新人男優賞を受賞。小野はもともと子役として芸能界に入り、『ハリー・ポッター』で声優デビューを果たし、両者は男性声優にしては早くブレークしたタイプ。一方、2人より世代が上で、27歳のときに『進撃の巨人』で知名度を上げた梶は、一般的な売れ方をしたといえるでしょう」(同)