「パン屋」になって「粛清」を生き延びた北朝鮮エリートのド根性

「パン屋」になって「粛清」を生き延びた北朝鮮エリートのド根性
金正恩(キム・ジョンウン)氏

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は13日、金正恩党委員長が雲谷(ウンゴク)地区総合牧場を視察したと伝えた。

同通信は牧場の視察に、「朝鮮労働党中央委員会の黄炳瑞(ファン・ビョンソ)第1副部長、党中央委員会の趙甬元(チョ・ヨンウォン)、呉日晶(オ・イルチョン)、金勇帥(キム・ヨンス)の各副部長、国務委員会のキム・チャンソン部長が同行した」と伝えた。

元軍総政治局長の黄炳瑞氏は昨年、10月12日を最後に北朝鮮メディアでの言及が途絶え、失脚説が伝えられていた。その後、今年6月30日に金正恩氏の視察に同行したことが報道されたが、肩書は党中央委の「幹部」となっていた。今回、ほかの同行幹部より先に党中央委の「第1副部長」と紹介されたことから、北朝鮮最強の権力機関とされる党組織指導部の第1副部長に就任したものと見られる。軍よりも党を重視している金正恩氏の最近の姿勢を考えると、むしろ「栄転」とも言える復活劇である。

金正恩氏は叔父の張成沢(チャン・ソンテク)元党行政部長や玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)元人民武力部長らを粛清し、容赦なく処刑した。張成沢氏の粛清に際しては、愛人の元トップ女優をはじめ、一説に1万人もの人々が連座させられた。

また玄永哲氏は、文字通り人体を「ミンチ」にされる残酷な方法で殺された。

このことから「粛清」イコール「処刑」であるとイメージも強いが、必ずしもそうではない。いったん粛清されても、復活した事例はかなり多いのだ。変わったところでは、次のようなエピソードもある。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。