北朝鮮の海外派遣労働者の賃金上昇傾向

北朝鮮の海外派遣労働者の賃金上昇傾向
デイリーNKジャパン

北朝鮮当局は、外貨稼ぎのために自国の労働者を海外に派遣し、働かせている。これが人権侵害の温床であるとの指摘は後を絶たない。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは、世界159カ国の人権状況をまとめた年次報告書で、北朝鮮の海外派遣労働者の人権状況について、通信と移動の自由が厳格に統制され、長時間労働や危険な労働環境に苦しめられ、賃金の多くを搾取されていると報告している。

ところが、給与や統制の面において変化が生じつつあると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

北朝鮮国境に近い中国の都市の住民によると、北朝鮮レストランの中国人オーナーが北朝鮮から来た従業員に支払っている月給は2000元(約3万2000円)に達する。これは丹東市の最低賃金1420元(約2万3000円)を上回る金額だ。

以前なら、この額のほとんどを北朝鮮当局が「忠誠の資金」として強制的に徴収していたが、今では本人8、当局8、支配人や保衛指導員(秘密警察)への報酬を含む共同費用4の割合で分けるようになっている。つまり、本人と政府は800元(約1万3000円)ずつ受け取り、残りの400元を(約6500円)共同費用に当てる。

この額なら北朝鮮から中国企業に派遣された労働者の中では一番の高給取りで、従来のようなひどいピンはねに苦しめられているケースの方がまだまだ多いようだ。

このように賃金に差が出るのは、送り出し機関が異なるためだが、情報筋はその内訳を明らかにしていない。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。