「犬の皮を上納しろ」無茶な命令に苦しむ北朝鮮国民

「犬の皮を上納しろ」無茶な命令に苦しむ北朝鮮国民
金正恩氏

世界には、徴税に頼らず成り立っている国が存在する。例えば、サウジアラビア、クウェート、ブルネイなどは、豊富に存在する石油、天然ガスから得た収入を予算に充当するため、国民から税金を徴収しなくとも国家運営が可能だ。しかし、税金の制度そのものが存在しないわけではない。そんな国は北朝鮮がただひとつだろう。

故金日成主席は1974年2月、朝鮮労働党中央委員会第5期第8次全員会議において、古い社会の遺物である税金制度を完全になくすことについて討議、決定することを指示した。それを受けて最高人民会議は同年3月、「税金制度を完全になくすことについて」との法令を発表し、4月1日に世界初の税金のない国になったことを宣言した。この日は「税金制度廃止の日」に定められている。

税金を徴収しない代わり、旧共産圏諸国などからの援助を国家予算に当てていた。援助がなくなった今でも、「遺訓政治」が国是となっている北朝鮮では金日成氏が提唱した税金制度の廃止を撤回するわけにはいかない。そこで北朝鮮が編み出したのは、様々な名目で国民に金品を供出させるという手法だ。

70回目の建国記念日(9月9日)、南北首脳会談(9月18日~20日)という国家的ビッグイベントが目白押しだった先月の北朝鮮。国民は政治行事への動員、行事に必要な金品の供出など、様々な負担を強いられた。

一息つく暇もなく次のビッグイベントが迫っている。73回目となる朝鮮労働党の創建記念日(今月10日)だ。咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、当局はこうしたイベントの予算づくりのため、国民に犬や兎などの「動物の皮」の供出を求めている。それも今年だけではなく、数十年前から続く「年中行事」だ。集めたものは、外貨稼ぎのために輸出され、その外貨で国家行事に必要な物品を輸入する。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月5日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。