金正恩命令そっちのけで「愛の行為」にふける…北朝鮮国民の強まる欲望

金正恩命令そっちのけで「愛の行為」にふける…北朝鮮国民の強まる欲望
金正恩(キム・ジョンウン)氏

北朝鮮では、最高指導者の名誉や権威を傷つけたり、またはその直々の命令をおろそかにしたりすると「1号事件」として捜査や調査が行われ、関係者に厳罰が下される。もちろん、国民はそのことを良く知っており、うっかりタブーを犯さないよう、言動に細心の注意を払っている――はずだった。

ところが最近、この「絶対に起きてはならない事件」が続発している。

咸鏡南道(ハムギョンナムド)楽園(ラグォン)郡にある朝鮮人民軍(北朝鮮軍)海軍の東海艦隊司令部第597連合部隊では8月下旬、白頭山(ペクトゥサン)拳銃1丁がなくなっていることがわかった。

白頭山拳銃とは、1970年代にチェコのCZ-75を模倣して作られた口径9ミリの自動拳銃で、銃身には金日成主席の直筆を模した「白頭山」という文字が刻まれている。金日成氏は、軍幹部の労をねぎらうために白頭山拳銃をプレゼントしていたが、今回なくなった拳銃も最高指導者からの贈り物だったのだ。

また9月2日には、両江道(リャンガンド)の金亨稷(キムヒョンジク)郡で、金日成主席と金正日総書記の巨大な太陽像(モザイク壁画)を照らす照明が消える「事件」が発生したが、警備担当者の男女が持ち場を離れて友人宅で「男女の行為」に及んでいたらしきことが判明し、2人は取り調べを受けている。

さらに遡れば、3月には軍の大佐が、国の重要施設に「落書き」をしたことが発覚し、処刑される出来事があった。平壌の情報筋デイリーNKの電話取材に対し、次のように説明した。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2018年10月7日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。