「冷麺食ってる場合か」に沈黙…韓国が北朝鮮に「低姿勢」な理由

「冷麺食ってる場合か」に沈黙…韓国が北朝鮮に「低姿勢」な理由
14日、NSC全体会議で発言する文在寅氏(韓国大統領府提供)

10月29日に開かれた韓国国会・外交統一委員会の国政監査で、9月の南北首脳会談に際して起きた、ある出来事が明らかにされた。

文在寅大統領の特別随行員として訪朝した韓国企業のトップらが、平壌の有名レストラン・玉流館で冷麺を食べていたところ、北朝鮮の対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会の李善権(リ・ソングォン)委員長がその場に現れ、次のように言ったという。

「冷麺がのどを通るのか」

李氏は、平壌名物である冷麺の「のどごし」についてたずねたわけではない。南北の経済協力がなかなか進まないのに、どうして悠長に冷麺なんか食べていられるのか、と皮肉を言ったのだ。日本風に言えば「冷麺なんか食ってる場合か」といった感じだろうか。

そのとき李氏と同じテーブルに座っていたのは、SKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長、LGグループの具光謨(ク・グァンモ)会長ら、まさに世界的な大企業グループの総帥たちである。

彼らに対しこんな「上から目線」でものを言えるのは、北朝鮮高官ぐらいしかいないだろう。ちなみに、国政監査でのやり取りを報じた韓国メディアの報道を見た限りでは、韓国側が怒りを表したり、反論したりしたわけではなかったようだ。この問題と関連して韓国紙・朝鮮日報は「北朝鮮は常に高圧的だが、韓国側はいつも低姿勢を続けている」とする統一省OBのコメントを紹介している。

それもまあ、ある程度は仕方のないことと言えるかもしれない。北朝鮮の幹部らは、いつ金正恩党委員長によって粛清されるかわからない環境の中で仕事をしている。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2018年11月1日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。