北朝鮮有数の鉱山が操業中断、路頭に迷う子供たち

北朝鮮有数の鉱山が操業中断、路頭に迷う子供たち
金正恩(キム・ジョンウン)氏

北朝鮮の咸鏡北道(ハムギョンブクト)にある茂山(ムサン)鉱山。年間650万トンの鉄鉱石を生産し、主に中国に輸出。年間1億ドルの外貨を稼ぎ出し「朝鮮の宝」と言われてきた。稼働の様子は、川向こうの中国・吉林省からも鮮明に見て取れるほどだった。

鉱山労働者の月給は最高で100万北朝鮮ウォン(約1万4000円)。一般的な労働者が10年かけても稼げないほどの高給取りだった。

この鉱山が今年7月、操業を中断し、配給も止まってしまったと現地のデイリーNK内部情報筋が伝えてきた。市民の生活は苦しく、「苦難の行軍」と似たような状況に陥っているとのことだ。

「苦難の行軍」とは、1990年代後半の北朝鮮を襲った未曾有の食糧危機で、数十万人とも言われる餓死者が出た。当時、親を失った子どもたちは家を出て町をさまよい、「コチェビ(ストリート・チルドレン)」として生きていくことを余儀なくされた。そんな状況が、茂山で再現されているというのだ。

別の情報筋によると、市内の通りでは親に捨てられて行き場を失った数多くの子どもたちが路頭に迷っている。当局は、清津(チョンジン)市の羅南(ラナム)区域にある中等学院(コチェビ収容施設)に収容せよとの指示を下したという。

同様の現象は、茂山と同じように鉱物資源に依存していた平安南道(ピョンアンナムド)の炭鉱地帯でも起きている。

豊かだった茂山は、道内で最も苦しい地域となり、地方政府は各地域に対して「茂山を支援せよ」との指示を下すほどだ。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2018年11月1日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。