金正恩氏、やっと復権した側近を「すぐにまた粛清」か

金正恩氏、やっと復権した側近を「すぐにまた粛清」か
金正恩(キム・ジョンウン)氏

昨年から今年にかけて軍や国務委員会の職位から解かれて失脚し、その後に復権が確認されていた金正恩党委員長の側近に、またもや粛清説が出ている。北朝鮮の幹部が失脚と復権を繰り返すのは珍しくない。

ただ、今回はその間隔が異常に短い上に、韓国メディアが伝えた情報には「家族とともに政治犯収容所に送られた」とするものもあり、真偽が気になるところだ。

その側近とは、朝鮮労働党中央委員会の黄炳瑞(ファン・ビョンソ)第1副部長だ。黄炳瑞氏は昨年まで、朝鮮人民軍トップの総政治局長の座にあり、一時は金正恩氏に次ぐ「ナンバー2」とも言われた人物だ。

しかし昨年10月、公式の場から姿を消した。11月には韓国の情報機関・国家情報院が国会情報委員会に対し、「党に対する不純な態度を問われ処罰されたもよう」と報告した。

ところが今年2月16日、北朝鮮メディアが報じた写真にその姿が確認され、6月には金正恩氏の中朝国境地帯の視察に同行。朝鮮中央通信などは黄炳瑞氏の肩書を「朝鮮労働党中央委員会の幹部」と伝えた。さらに8月13日、金正恩氏の平安南道(ピョンアンナムド)視察に同行したことが報道され際には、肩書は日本の中央省庁の次官に匹敵する「党中央委員会第1副部長」となっていた。

ところがこれから間もなく、黄炳瑞氏はまたもや公式の場から姿を消す。北朝鮮メディアに登場したのは、8月21日付の報道で金正恩氏の妙香山(ミョヒャンサン)医療器具工場視察に同行したことが伝えられたのが最後だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2018年11月8日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。