氷点下20℃…極寒の中のストリート・チルドレン

氷点下20℃…極寒の中のストリート・チルドレン
北朝鮮──その深部とポテンシャルを探る

朝鮮半島に生息する約500種の鳥類のうち、3分の2以上が渡り鳥だ。シベリアからやって来た渡り鳥は韓国の各地で越冬したり、日本に向かう途中でしばし羽を休めたりする。北朝鮮で行き来する渡り鳥がいるが、鳥類ではなく人類のコチェビ、つまりストリート・チルドレンだ。

北部に住んでいるコチェビの多くが、南の地方に移動しつつある。理由は単順。寒いからだ。

咸鏡南道(ハムギョンナムド)の情報筋によると、両江道(リャンガンド)の恵山(ヘサン)や咸鏡北道(ハムギョンブクト)の清津(チョンジン)の路上にいたコチェビたちが、咸鏡南道の咸興や端川(タンチョン)に移動してきている。

恵山の川向う、中国の長白朝鮮族自治県では今月9日に氷点下25度を記録し、それ以降も最低気温が氷点下20度を下回る日が続いている。1月の平均気温を見ると、恵山は氷点下16.4度だが、咸興は氷点下4.1度。咸興が位置する北朝鮮の東海岸は、日本海を流れる暖流の影響で相対的に暖かく雪が多いのだ。暖流の対馬海流と、寒流のリマン海流のそれぞれ支流がぶつかるためだ。咸興は暖かければ10度近くになる日もある。

北朝鮮当局は、愛育院、中等学院などというコチェビを収容する施設を建設している。しかし、あまり評判がいいとは言えない。

施設は非常に劣悪で、暴力を振るわれたり、強制労働を強いられたりする場合もある。中には臓器売買の噂すら存在する。

以前に比べると待遇はかなりマシになったと伝えられているが、厳しい規律に耐えかねて逃げ出してしまうコチェビも少なくない。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2018年12月30日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。