北朝鮮の秘密警察「キリスト教会ビジネス」の表と裏

北朝鮮の秘密警察「キリスト教会ビジネス」の表と裏
平壌にあるプロパガンダ用のチルゴル教会

北朝鮮との国境に面した中国の地域には、数多くの韓国系キリスト教会が存在する。中国での布教と同時に、北朝鮮からやってくる脱北者の支援が主な目的だ。

2016年には、脱北者支援を行ってきた牧師が何者かに殺害される事件も起きている。北朝鮮の保衛部(秘密警察)の要員が犯人ではないかと言われているが、事件は迷宮入りしたままだ。

一方で保衛部の要員は、自国では厳しく禁じられている教会に出て、聖書の勉強までしているという。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、彼らが教会に通う目的の一つが脱北者の摘発だ。

「保衛員は教会に浸透し、宣教師が保護している脱北者の動向、人数、ブローカーなど脱北ネットワークについて探り出し、脱北者を逮捕、強制送還するための工作を行っている」(情報筋)

つまり、教会に通い韓国人や中国人の牧師、宣教師、信者との関係を構築し、韓国の情報、中でも脱北者に関する情報を探るために聖書の勉強まで行うということだ。もし、韓国や第三国へ向かおうとしている脱北者が見つかれば、中国公安当局に情報を提供し、摘発させる。

彼らが教会に通う目的はそれだけにとどまらない。ビジネスだ。

韓国人の集まる教会は、ビジネスに関する情報交換の場だ。ある国の韓国系教会の牧師は「信者の多くは信仰のためではなく、カネ儲けのために教会に来ている、本当に神様を信じている人は少ない」と嘆くほどだ。

中朝国境地域にいる保衛部の要員や一部の貿易関係者は国から、韓国に関する情報を得て、ビジネスにつなげよという国からの指示を受けている。それを実行するにあたっては宗教が重要な媒介となるので、聖書を勉強し、キリスト教について知ってから本格的な工作に入るという。

...続きを読む

あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年1月11日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。