金正恩氏の「離婚厳禁」が生んだ若者文化の大変化

金正恩氏の「離婚厳禁」が生んだ若者文化の大変化
朝鮮人民軍の女性兵士

かつての北朝鮮では、質や量は十分でなくとも無償で教育、医療、食料の配給が得られ、人々は国家に依存して暮らしていた。

ところが、1990年代後半に「苦難の行軍」と呼ばれる大飢饉が起きたことで、様相は一変する。上記のような無償・配給システムは崩壊し、チャンマダンと呼ばれる市場でモノを売らなければ生きていけない状況となったのだ。

そのような時代しか知らない30代前半までの若者たちを「チャンマダン世代」と呼ぶ。昔の日本の流行語で言えば「新人類」だ。彼らにとって、国家や指導者は商売の邪魔をし、自由なライフスタイルに干渉する「ウザい存在」に過ぎない。

そんな自由奔放な彼らの存在に、北朝鮮当局は手を焼いている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

チャンマダン世代がもたらしたものの一つが、結婚観の変化だ。

北朝鮮で結婚は愛する男女が結ばれ家庭を築く、喜ばしいものだった。また、娯楽が少なく、抑圧的な監視社会の北朝鮮では、家族との団らんが大切にされてきた。ところが、今どきの若者にとって結婚は「個人の自由を奪う不幸の始まり」だ。

晩婚化、少子化はすでに北朝鮮でも社会問題となっており、金正恩党委員長は妊娠中絶手術を禁止するなどの対策を取っているが、そんなもので解決するような問題ではない。

また、最近増えているのは「同棲」だ。結婚して一緒に暮らしてみたものの、性格やライフスタイルの不一致に気づき離婚しようにもそう簡単にはいかない。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年4月2日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。