北朝鮮で「密造酒を飲んで死亡」多発、当局も警戒呼びかけ

北朝鮮で「密造酒を飲んで死亡」多発、当局も警戒呼びかけ
酒類を生産する北朝鮮の大同江食料工場(「メアリ」より。本文とは関係ありません)

インドのウッタル・プラデーシュ州では今年2月、密造酒を飲んで100人もの人が死亡する事故が起きた。その2週間後には、同じインドのアッサム州で156人が同様の事故で亡くなっている。

このように貧しい人々が酒飲みたさに密造酒を手を出し、命を落とす事故が、全世界的に後を絶たない。それは北朝鮮も例外ではない。

平安北道(ピョンアンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、今月初めに松岳(ソンアク)ブランドの焼酎を飲んだ人々が相次いで急激な視力低下に見舞われたり、死亡したりする事故が多発した。犠牲者の数には触れられていないが「町内全体がお通夜状態だった」(情報筋)とのことだから、複数の人が亡くなったものと思われる。

人民班長(町内会長)は、地域の飲食店を周り「松岳焼酎を飲むな」と警告した。同様の事件は平壌や新義州(シニジュ)でも発生しており、全国的な密造酒組織の存在が疑われる。当局も事の重大性を認識し、住民を対象にした政治講演会の場で「松岳焼酎には特に気をつけよ」と伝えている。

この松岳焼酎だが、軍事境界線にほど近い開城(ケソン)の松岳山にある開城松岳食料工場で製造されており、味が良いと評判でロシアや中国などの北朝鮮レストランでも販売されている。

一般的にはアルコール度数25%、360ミリリットル入りが1本1万2000北朝鮮ウォン(約156円)で販売されているが、高級品など複数の種類が存在しする。国内の高級レストランや海外の北朝鮮レストランで販売されているものは、今回の事故の原因になったものとは異なると思われる。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年4月1日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。