「自由への逃走」に賭けて失敗した北朝鮮高官の悲惨な末路

「自由への逃走」に賭けて失敗した北朝鮮高官の悲惨な末路
金正恩(キム・ジョンウン)氏

北朝鮮の首都平壌郊外の教化所(刑務所)で、受刑者の元高官が脱走する事件が発生した。あえなく逮捕されたこの受刑者には、過酷な運命が待ち構えている。

平安南道のデイリーNK内部情報筋によると、事件が起きたのは3月1日のことだ。首都平壌から東に20キロほど離れた江東(カンドン)郡の垈里(テリ)労働者区にある江東4号教化所に収監されていた、平壌市対外経済委員会の元副局長の男性受刑者が脱走を図った。彼は、国家財産の横領罪で労働教化刑(懲役刑)15年を宣告され受刑していた。

情報筋は脱走の方法、動機などについては明らかにしていないが、北朝鮮の教化所で15年の刑期を満了し、五体満足で出て来られる可能性は決して高くない。受刑者はいちかばちかの賭けに出たのだろうが、逃げ出してわずか2日後に逮捕されてしまった。後述するように、当局は「見せしめ」として即刻、死刑を執行したもようだ。

この教化所には1000人から4000人が収監されており、内部では他の教化所と同様に人権侵害が横行している。韓国の北韓人権情報センター(NKDB)に寄せられた証言によると、施設内ではペラグラ、肺炎、結核が流行しており、炭鉱での重労働を強いられるにもかかわらず、極めて貧弱な食事しか与えられていない。

そんな教化所からの脱走はしばしば起きているが、その末路は常に悲惨なものだ。

脱走事件は異例の速さで処理された。

受刑者の逮捕直後、人民保安省(警察庁)教化局長は緊急逮捕に関する対策執行に関する提議書を上級機関に提出し、同省予審局は翌日、教化局に緊急指示文を下した。つまり、事後処理で事を済ませようとしたということだ。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年5月18日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。