電力不足の北朝鮮でエアコン爆買い 特権層はディーゼル発電機使用

記事まとめ

  • 電気が全く来ない地域もある北朝鮮で、エアコンの輸入が急増している。
  • 中国業者は「国際社会の経済制裁に加え、食糧事情も電力事情もよくない北朝鮮がエアコンを大量に注文するのは、異例のことだ」と反応。
  • 脱北者によると「特権層は、ディーゼル発電機でいつでも電気が使えるので高級家電を買い求めようとする」という。

電気がない北朝鮮で「エアコン爆買い」が起きる独特の事情

電気がない北朝鮮で「エアコン爆買い」が起きる独特の事情
金正恩(キム・ジョンウン)氏

ただでさえ劣悪だった北朝鮮の電力事情が、さらに酷さを増している。1日数時間しか電気が供給されない地域もあれば、電気が全く来ない地域もある。

そんな中で、どういうわけかエアコンの輸入が急増していると、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。背景には、貧富の格差拡大があるようだ。

中国丹東の貿易業者によると、今月の半ばから、北朝鮮の貿易業者から家庭用エアコンの注文が殺到している。電力事情がよくない北朝鮮からエアコンの注文が殺到するのは非常に珍しいと業者もビックリだ。

「北朝鮮で本格的な夏が来るのは2ヶ月近く先なのに、このように早くからエアコンの注文が殺到しているのは非常に訝しい」(情報筋)

エアコンの注文が殺到しているのは、季節はずれの猛暑によるものと思われる。

北朝鮮の国営朝鮮中央テレビの20日の天気予報は、北部山間地で霜が降りると予報した一方で、24日には平壌の最高気温が31度、恵山は32度、咸興に至っては33度になると予報した。北朝鮮でこの時期のこの気温は、異常な高温現象と言える。

注文を受けた中国の貿易会社も、あまり良い顔はしていないようだ。エアコンは国連安全保障理事会の制裁品目に含まれていて、税関は北朝鮮への輸出を厳しく制限しているからだ。

エアコンを輸出するには、密輸業者に依頼するしか方法がないが、1台あたり500元(約7960円)から800元(約1万2700円)もの費用がかかる。その費用は北朝鮮の業者が負担するようだが、それでも摘発されれば、中国の貿易会社にも累が及ぶ。危ない橋は渡りたくないということなのだろう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年5月27日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。