銃殺説の北朝鮮高官、過去には「復活」していた例も

銃殺説の北朝鮮高官、過去には「復活」していた例も
朝鮮人民軍最前線・西部前線防御部隊の火力打撃訓練を指導する金正恩氏(2019年5月9日付朝鮮中央通信)

韓国紙・朝鮮日報は31日、北朝鮮消息筋の情報として、2月末の米朝首脳会談が決裂した責任を問われ、事前交渉に当たっていた北朝鮮国務委員会の金革哲(キム・ヒョクチョル)対米特別代表が、平壌郊外の美林(ミリム)飛行場で銃殺されたと報じた。

また、対米外交を統括してきた金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長は革命化(再教育)措置となり、金正恩党委員長の妹・金与正(キム・ヨジョン)党中央委員会第1副部長は謹慎。さらに金革哲氏らと事前交渉に当たった金聖恵(キム・ソンへ)党統一戦線部統一策略室長とシン・ヘヨン通訳官は、政治犯収容所に送られたとしている。

このニュースは日本でも注目を集めているが、真偽は今のところ不明である。韓国統一省は「確認できない」としており、朝鮮日報以外に、独自のソースでウラを取ったメディアもない。

脱北者で韓国紙・東亜日報の記者であるチュ・ソンハ氏は30日、自らのYoutubeチャンネルで、北朝鮮国内の情報提供者からの情報として、金聖恵氏が政治犯収容所に送られたと報じた。しかし、金革哲氏の「銃殺説」には触れていない。

また、アジアプレスは4月24日、北朝鮮国内で「外務省幹部4人が銃殺された」とする噂が拡散していると報じているが、その時点で確認された事実はないとし、会談決裂に伴う金正恩氏の権威失墜を最小限に抑えるため、原因は外務省幹部と裏切り行為にあるとする情報を「当局が意図的に流布させる可能性がある」との分析を紹介している。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年6月1日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。