北朝鮮での「差別」に耐えかねた、ある一家の逃避行

北朝鮮での「差別」に耐えかねた、ある一家の逃避行
金正恩(キム・ジョンウン)氏

かつて5万人を超えていた在北朝鮮華僑。文化大革命の時代に中朝関係が悪化し、1980年代には2万人まで減少、その後の経済難で北朝鮮から出国する人が相次ぎ、今では3000人程度しかいないと言われている。

そんな状況でも北朝鮮に残っている華僑の中には、家族の国籍問題で出国しようにもできない人がいる。米政府盟ラジオ・フリー・アジア(RFA)の中国の国境沿いの都市に住む情報筋は、ある華僑一家が脱北したことを伝えた。

中国との国境に近い海辺の町に暮らしていた一家5人。父親が北朝鮮で生まれ育った中国国籍の華僑で、母親は北朝鮮国籍だが、3人の息子、娘は北朝鮮国籍だ。これは「共和国(北朝鮮)領域に居住する共和国公民と他の国の公民または無国籍者の間で出生した者」は北朝鮮国籍を取得すると定めた国籍法第5条第2項の規定に基づくものだ。

中国国籍を持つ華僑は、比較的自由に中国と行き来ができ、それを利用して商売を営み、裕福な暮らしをしている人々が多い。ただ、この一家の暮らし向きについて情報筋は言及していないが、長年差別に苦しめられてきたという。

「父親は華僑という理由でこの家族は周りの人々から『テノム』、さらには『トンテノム』と呼ばれて生きてきた」(情報筋)

テノムは、大国の「大」が鈍ったとも、垢を指す「テ」が鈍ったとも言われる中国人の蔑称だ。

中国が朝鮮戦争に参戦して北朝鮮を守ったことから、中朝関係は「血で固めた友誼」と呼ばれる。しかし、北朝鮮の一般国民の対中感情は非常に複雑で、中国はありがたいと同時に煙たい存在でもある。そのような感情の一番のスケープゴートにさせられるのが、華僑だ。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年6月16日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。