姿を消した武装兵士の行方は…習近平の訪問直前、北朝鮮で緊張

姿を消した武装兵士の行方は…習近平の訪問直前、北朝鮮で緊張
朝鮮人民軍の兵士たち(朝鮮中央通信)

中国の習近平国家主席は20日、北朝鮮の首都平壌を訪問し、金正恩党委員長との首脳会談に臨んだ。14年ぶりとなる中国最高指導者の訪朝を前にして、17日から「特別警戒週間」が宣言された。国家的行事の最中、事件事故の類は1件たりとも許さないという厳重警戒態勢だ。

ところが、その直前に朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の兵士1人が脱走するという事件が起きた。中国との国境に面した地域で起きたため、「脱北したかもしれない」との憶測が広がり大騒ぎになったと、両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

事件が起きたのは、国境を流れる鴨緑江を挟んで中国吉林省と向かい合う両江道の金正淑(キムジョンスク)郡に駐屯する国境警備隊の某中隊だ。

この中隊所属の兵士1人が夜間勤務中に姿を消した。

この兵士は同僚と2人1組で夜間勤務に当たっていたが、パトロールすると言って持ち場を離れた。ところが、いつまで経っても帰ってこないことを不審に思ったもう1人の兵士が中隊長に報告した。

事件の発見を受けて、国境警備隊は上を下への大騒ぎとなった。単なる脱走でも大問題だが、兵士は武装したままで、また場所が場所だけあって脱北したかもしれないとの憶測が広がったからだ。

国境警備隊は非常警戒令を下し、他地域の兵士まで駆り出して、大々的な捜索活動を行ったが、結局その日のうちに発見できなかった。翌朝になって、部隊に戻ろうと歩いていた兵士が発見された。


あわせて読みたい

気になるキーワード

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年6月23日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。