金正恩が血眼で追う「反体制エリート学生」の悲惨な運命

金正恩が血眼で追う「反体制エリート学生」の悲惨な運命
金正恩(キム・ジョンウン)氏

警察庁の統計によると、国内の年間の行方不明者数は2016年も2017年も8万4850人となっている。捜索願が出されていない人も含めると、その数はさらに多いだろう。

家族や隣人の前から忽然と姿を消す行方不明者は、北朝鮮にも存在する。しかし、他の国と違う点は、行方不明者が政治的に「危険な存在」として扱われる点だ。北朝鮮当局は、最高指導者の身辺警護にきわめて神経質になっている。

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると先月下旬、道内の金亨稷(キムヒョンジク)、金正淑(キムジョンスク)、三水(サムス)など中国との国境に面した各郡の人民班(町内会)に顔写真付きの尋ね人のポスターが貼られた。ただ、その後に開かれた人民班の会議で伝えられた内容は、「尋ね人」と言うにはおどろおどろしいものだった。

人民班の会議では地域担当の保安員(警察官)が、行方不明になった2人の個人情報を説明した。一人は平壌の名門、金策(キムチェク)総合大学(旧称金策工業大学)に通う19歳のアン・ハクソン。もうひとりの経歴も似たものだったが、情報筋は正確に記憶していないと述べた。

「国に対して罪を犯して逃げた者たちだ。渡江(脱北)する可能性が高いので行方を追っている。この者たちを見かけたら必ず通報しなければならない」(保安員)

同時に、「二人と似た者がやって来て泊めて欲しいと言われても、騙されないように。家に入れれば重い罰を受ける。見かけたらすぐに通報せよ」と強い口調で警告した。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年6月26日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。