メガヒット韓流映画「神と共に」を見た北朝鮮軍兵士が懲役刑

メガヒット韓流映画「神と共に」を見た北朝鮮軍兵士が懲役刑
朝鮮人民軍の女性兵士(資料写真)

2017年に公開された韓国映画「神と共に」。「冥界の謎を解き明かす、ファンタジー・アクション」(日本版公式ページより)とうたい、人口5200万人の韓国で1400万人を超える観客を動員したメガヒット作だ。翌年には続編(第二章)も制作され、日本でも先月から上映が始まった。

そんな「神と共に」が北朝鮮でも人気を集めているが、ご禁制の韓流映画を見た朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の下士官ら3人が摘発され、懲役刑に処せられたと、平壌のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

摘発されたのは、黄海北道の沙里院(サリウォン)の通信小隊所属のパク中士(下士官)ら3人だ。

彼らは、部隊の外にある「家売台」という店を訪れた。家売台とは、自宅の一部を改造して食料品や生活必需品を販売する雑貨店のことだが、韓流ドラマ、映画、バラエティの販売、レンタルの媒介となっていて、ビデオボックスのように店内で見ることもできる。

その家売台で先月から今月初めにかけて4回に渡り、「神と共に」第一章、オーストリアとドイツの合作映画「ダーク・バレー」(Das Finstere Tal)などを、USBメモリに保存して視聴した。そして、発覚を恐れてUSBを店において出た。

USBを見つけた家売台の主人の息子は、友だちを呼んで夜な夜な「神と共に」を見ていたが、そこを保衛部(秘密警察)に踏み込まれてしまった。取り調べの過程で3人の名前が浮上し、逮捕に至った。3人は軍の総政治局出版検閲局79号室で取り調べを受け、パク中士には労働鍛錬刑(懲役)1年、他の兵士には6ヶ月の判決が下された。3人は刑期を終えると不名誉除隊となる見込みだ。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年7月6日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。