「考え方が違う」米国から文在寅氏に不快感…北朝鮮もダメ出し

「考え方が違う」米国から文在寅氏に不快感…北朝鮮もダメ出し
2018年6月14日、NSC全体会議で発言する文在寅氏(韓国大統領府提供)

韓国の文在寅大統領の発言に対し、米ホワイトハウスの関係者らが不快感を表したという。

文在寅氏は26日、聯合ニュースやAFPなど国内外の通信社による書面インタビューに答え、「プルトニウム再処理施設とウラン濃縮施設を含む寧辺の核施設のすべてが検証の下で全面的に完全に廃棄されるなら、北朝鮮の非核化は後戻りできない段階に入ると評価しうる」との考えを示した。

韓国紙・東亜日報(日本語版)がワシントンの外交筋からの情報として伝えたところによれば、この発言に対してホワイトハウス関係者らは、「(文大統領とは)考えが同じでない」とし、不快感を示したという。

一方、北朝鮮は27日、外務省局長の談話を通じて「(朝米対話の)仲介など必要ない」として韓国を突き放している。

文在寅氏は、主要国の首脳が一堂に会す「20カ国・地域首脳会議」(G20サミット=大阪・28~29日)への参加を目前に控え、米国と北朝鮮の双方からダメ出しされてしまったわけだ。

北朝鮮が韓国にダメ出しをした理由は、文在寅政権が米国の視線を気にして、いつまで経っても南北経済協力に踏み出そうとしないからだ。一方、ホワイトハウス関係者らは文在寅氏が前述のインタビューで、開城(ケソン)工業団地の再開などに言及したことに対しても、「実質的な非核化の進展がなければ難しいという従来の立場に変わりはない」と強調したという。

まさに、文字通りの「板挟み」である。しかし、この窮地を招いたのは文在寅政権自身に他ならない。非核化のロードマップすら見えない中で、北朝鮮と安易な約束を交わしてしまったのが原因なのだ。政権の外交音痴のために窮地に陥っているのは、日韓関係だけではないのである。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年6月29日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。