北朝鮮「働く女性」に人気の新ビジネス…金正恩「中絶禁止」とも合致

北朝鮮「働く女性」に人気の新ビジネス…金正恩「中絶禁止」とも合致
北朝鮮の招待所で働く女性従業員たち(資料写真:平壌写真共同取材団)

現在の北朝鮮政府の前身にあたる北朝鮮臨時人民委員会が1946年7月に発表した「朝鮮男女平等権法についての法令」は、当時としては非常に先進的な男女平等法と言われた。

それから73年。北朝鮮社会には依然として、様々な形での女性差別が存在する。しかしその一方、女性はそのような風潮に負けず、北朝鮮経済の柱となっている側面もある。

ろくに給料も配給も出ない国営工場や企業所に一日中縛り付けられ、経済活動ができない男性とは異なり、必ずしも職場に所属する義務のない女性たちは、市場で商売をしてその稼ぎで一家を養う。

そんな忙しい女性たちの間で最近、ベビーシッターが人気を集めていると北朝鮮各地のデイリーNK内部情報筋が伝えている。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋は、清津(チョンジン)の市場で働く女性たちの間で子どもをベビーシッターに預けるのが流行していると伝えた。

女性たちはできる限り、子どもを実家の両親や義理の両親にに預けようとするが、それが無理な場合にはベビーシッターを雇う。ベビーシッターは概ね、商売の知識を持っていなかったり、家族から経済的援助が受けられなかったりして貧しい暮らしを強いられている年配の女性がやっている。

情報筋は、清津(チョンジン)で小さな簡易売台(プレハブの店舗)で飲食業を営むある女性のケースを挙げた。

まず、午前9時に売台に出勤して、やって来たベビーシッターに赤ん坊を預けてから店を開ける。昼には離乳食を送り届ける。ベビーシッターは乳を飲ませるために1日2回ほど、女性の売台に赤ん坊を連れてくる。そして、午後8時に再度赤ん坊を売台に連れてきて、その場で報酬を受け取るという流れだ。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年7月15日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。