「制裁で外貨不足」北朝鮮で通貨ウォンの使用が増加…為替に影響も

「制裁で外貨不足」北朝鮮で通貨ウォンの使用が増加…為替に影響も
北朝鮮では外貨の使用が一般化している。(資料写真)

北朝鮮の通貨であるウォンは、国内ですら信用度が非常に低く、少額決済を除いては米ドルや中国人民元など、外貨の使用が一般化している。

当局は、過去に繰り返し国内での外貨使用を禁じる布告を出すも、しばらくすればウヤムヤになることを繰り返してきた。ところが、最近になって北朝鮮ウォンの使用が増えつつあるという。とは言っても、信用度が回復したからではない。

平安南道(ピョンアンナムド)のデイリーNK内部情報筋は、市場での買い物で北朝鮮ウォンを使うようになったと伝え、その理由を「人民元やドルがいくら便利でも、その量が市場で正常に取引ほどの量がないから」と述べた。

また、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の商人も外貨の流通量が減ったと証言する。

「経済封鎖(対北朝鮮制裁)が続き、外貨の流通が少なくなったことは確かだ。当局は外貨商店や外貨食堂などで外貨を使うように誘導する措置を取ったり、カネを稼いでいる人に忠誠の資金(の供出)を強いたりしているが、それでも数年前と比べて外貨流通量が減っている」

その理由について情報筋は、制裁により北朝鮮国内の外貨の量が減ったことに加え、国民が資産防衛のために外貨を貯め込むため、さらに外貨の流通量が減るという悪循環に陥っていることを挙げた。

また、「(1990年代の大飢饉)『苦難の行軍』が再びやってくる」という不安心理が広がり、消費を手控える雰囲気が広がっていることも理由に挙げた。

しかし、大きな額の取り引きは引き続き外貨で行われている。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年8月17日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。