中朝国境で暗躍する「20代の女性スパイ」の正体

中朝国境で暗躍する「20代の女性スパイ」の正体
金正恩夫妻とモランボン楽団

北朝鮮から脱北を試みた女性たちが、密告者による通報で逮捕される事件が発生したと、咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

今月初め、中国との国境に面した咸鏡北道の会寧(フェリョン)に住む女性3人が、脱北ブローカーの手引きで国境の川を越えて中国に向かおうとしたが、川岸に降りようとした瞬間、潜伏していた保衛部(秘密警察)の要員に取り押さえられた。

「ニオイ拷問」が横行

2人はおとなしく逮捕に応じたが、1人は川に向かって走り出し逃走を図った。保衛部は警告を発した後、拳銃を発射するなどし、結局逮捕した。

情報筋が保衛部の協力者から聞いた話によると、今回の逮捕劇は、元々一緒に脱北することにしていた女性の密告によるものだった。

脱北ブローカーは、現地で脱北希望者を募っていた。それに名乗り出たのはいずれも20代の女性だった。ところが、うち1人が途中で脱北を取りやめた。この女性が密告者だったのだ。

「脱北を諦めた女性は最初から保衛部の指示を受けて接近したスパイだった。彼女らの脱北計画は最初から保衛部に報告されていた」(情報筋)

保衛部は最近、脱北の計画を事前に察知するために、若い男女を抱き込み、脱北を試みる人やブローカーに接近させ、一網打尽にするおとり捜査を積極的に行っている。

それは、脱北事件が起きた場合に、当事者だけでなく警備担当者にも責任を問うる風潮が高まりつつあるため、脱北を未然に防ごうと、このようなスパイを活用しているというわけだ。地域住民は「これでは誰が信頼できるブローカーか見分けがつかない」とささやきあっているという。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月2日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。