モヤシを売って生活費を稼ぐ…北朝鮮外交官たちの苦境

モヤシを売って生活費を稼ぐ…北朝鮮外交官たちの苦境
ウラジオストクの北朝鮮派遣労働者(資料写真)

ロシア沿海州の都市、ウラジオストック。ヨーロッパ風の町並みに魅了され昨年訪れた外国人観光客の数は、過去最高の65万人に達した。その内訳は、中国人が37万人、韓国人が22万人。日本人は2万人だが、急増が伝えられている。

一方、ウラジオストクには出稼ぎにやって来た外国人も少なくない。旧ソ連のウズベキスタン人、タジキスタン人と並んで目立つのが北朝鮮人だ。北朝鮮人の雇用を禁じた国連安全保障理事会の制裁決議の影響を受け、減少したと伝えられているが、市内では今でも北朝鮮人の姿が見られるという。

市内には北朝鮮領事館が開設されているが、その職員と家族の暮らしは困窮を極めているようだ。

ウラジオストクの高麗人(朝鮮系ロシア人)が、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)に語ったところによると、最近市内の卸売市場には、モヤシや豆モヤシが多く入荷しているが、栽培者は、北朝鮮領事館職員の夫人たちだという。

「領事館職員の家族は毎朝8時から9時ごろに卸売市場に現れる。大抵で男女2人連れで夫婦かどうかはわからないが、男性が乗ってきた車のトランクからモヤシと豆モヤシを取出し、商人に安値で売り払ってすぐに立ち去る」(情報筋)

この市場でモヤシと豆モヤシは、500グラム40ルーブル(約68円)で売られているが、彼らの卸値はその半分に過ぎない。彼らが1日に卸すモヤシは合計で20キロほどなので、稼ぎはたったの800ルーブル(約1370円)にしかならない。スタローバヤ(大衆食堂)での2~3食分程度だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 韓国政府 アイドル
  2. 韓国政府 日本
DailyNK_Japanの記事をもっと見る 2019年11月17日の中国記事

\ みんなに教えてあげよう! /

「韓国政府 + 日本」のおすすめ記事

「韓国政府 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事

「韓国政府 + アイドル」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュース

次に読みたい関連記事「北朝鮮」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。