ヤクザ顔負けの用心棒…北朝鮮「警察権力」の利用方法

ヤクザ顔負けの用心棒…北朝鮮「警察権力」の利用方法
拡大する(全1枚)
金正恩(キム・ジョンウン)氏

民主主義国家において警察は、犯罪の捜査、防止、交通安全など、市民の生命と財産を守ることが本分だ。しかし、全体主義国家においてはその役割が異なる。市民よりは、国家を守ることを優先させ、そのためには市民を暴力的に弾圧することも厭わない。つまり、警察は庶民が信頼できる存在ではないのだ。

そんな国で問題が起きれば、警察を頼るのではなく、コネのある権力者を通じて圧力をかけてもらったり、ヤクザを使ったりして、私的制裁を加えて問題を解決することも少なくない。

そんな国の一つである北朝鮮で、ある女性が警察を逆に利用して、自分の恨みをはらすという出来事があった。

デイリーNK内部情報筋の説明によると、咸鏡北道(ハムギョンブクト)茂山(ムサン)に住む女性Aさんは、中国キャリアの携帯電話を所有していた。

茂山は、国境を流れる豆満江(トゥマンガン)を挟み中国と向かい合う地域。ここだけでなく、中国と国境を接する地域には、密かに中国キャリアの携帯電話を使う人々がいる。北朝鮮の携帯電話は、国内通話、国内限定のイントラネットを使うのは自由だが、外国との通話や世界と繋がるインターネットに接続することはできない。そのため、中国の携帯電話を使っているのだ。

しかし、金正恩党委員長は中国の携帯電話の使用を「国内情報の流出、国外情報の流入」の元凶として、厳しく取り締まるよう指示を出した。保衛部(秘密警察)は、取り締まりを行うと同時に、中国の携帯電話を使う人を脅迫し、多額のワイロをむしり取るネタとして使っている。おとり捜査をして罠にはめ、逮捕した上で拷問を加え、財産をむしり取るケースもある。


当時の記事を読む

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月20日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。