「身のほどをわきまえよ」北朝鮮高官、米国とスウェーデンをけん制

「身のほどをわきまえよ」北朝鮮高官、米国とスウェーデンをけん制
拡大する(全1枚)
デイリーNKジャパン

北朝鮮朝鮮外務省の金明吉(キム・ミョンギル)巡回大使は19日、朝鮮中央通信社記者の質問に答える形で、「米国が対朝鮮敵視政策を撤回する決断を下さない限り、朝米対話はいつになっても開かれがたくなっている」と述べた。

金明吉氏はこの中で、スティーブ・ビーガン米国務省対朝鮮政策特別代表がスウェーデンを通じて12月中に再会しよういう意思を伝えたことを明らかにした。

同氏はスウェーデンに対しては一定の評価をしながらも、「朝米関係の改善に関心があってそうするのか、でなければ米国のしつこい頼みを受けてそうするのかは分からないが、当事者の米国は黙っているのにスウェーデン側がそば釜が余計に沸くふうに振る舞うなら、むしろ無分別な行動に映りかねない」と批判した。

そのうえで、米国に対して「これ以上第3国を押し立てて朝米対話に関心があるかのように振る舞ってはならない」と警告した。

当時の記事を読む

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月20日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。