試験問題がおおっぴらに取引される北朝鮮の「汚受験」

試験問題がおおっぴらに取引される北朝鮮の「汚受験」
北朝鮮の大学生(資料写真)

日本の大学センター試験にあたる韓国の大学修学能力試験。本人のみならず、家族や学校の教員、先輩、後輩を巻き込んでの熱狂ぶりは、日本でも広く報じれられている。その一方、軍事境界線の北側にある北朝鮮でも熾烈な受験戦争が繰り広げられていることはあまり知られていない。

家族を巻き込む点では同じだが、その巻き込まれ方が大きく異なる。平壌のデイリーNK内部情報筋が、「お受験」ならぬ「汚受験」の内幕を伝えた。

大学進学を目指す一般の高等中学校とエリート養成学校である第一高等中学校の生徒は、学年末試験が終わる毎年12月、センター試験と似た予備試験を受ける。これは以前、試験にコネやワイロが介在することが社会問題化したことを受け、新たに設けられたものだ。

ある脱北者は韓国紙・朝鮮日報の記事で、予備試験について詳しく説明している。科目は金日成同志の革命歴史、金正日同志の革命歴史、国語、数学、英語、科学、物理の6つで、2日間にわたって受験する。合格者は全体の7~8割で、各自が獲得した点数に該当する大学に出願する。本人の希望が反映されるが、基本的には出願できる大学が当局から通知される形となる。

予備試験が終わったころから密かに出回るのが、大学入試の試験問題だ。情報筋は、その取り引きの方法を次のように説明した。

まず、受験生の両親は試験問題ブローカーに接触し、携帯電話の番号を教える。しばらくすると、問題の内容を知っている人から連絡が来るので、価格や受け渡し場所、受け渡し方法を知らせる。身分がバレることを恐れ、ブローカーを介在させない取り引きは行わないのが基本だ。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月27日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。