北朝鮮の「奥様」を魅了した料理ユーチューバー

北朝鮮の「奥様」を魅了した料理ユーチューバー
金正恩夫妻とモランボン楽団
韓国で人気を集める料理研究家、ペク・チョンウォン氏。韓国国内はもちろん、日本を含む海外でも店舗網を広げるレストランを経営し、その傍らテレビ番組に出演するなど、八面六臂の活躍だ。昨年6月にはユーチューバーとしてもデビュー、アカウント開設から2日で登録者数が100万人を突破した。(現在は334万人)そこで紹介された牛肉入りのトックク(お雑煮)が平壌の富裕層の間で人気を集めていると、現地のデイリーNK内部情報筋が伝えた。韓国の映像を視聴することは、北朝鮮ではご法度だ。2015年5月、韓流映画のファイルが保存されたUSBメモリを女子していた女子大生を逮捕した保衛部(秘密警察)は、彼女に激しい拷問を加えた末に、悲劇的な末路に追い込んだ。時と場合によっては処刑されることすらありうる。それでも、韓流の浸透は止まらない。ペク・チョンウォン氏が平壌の富裕層の間で人気になったのは昨年からだ。ビジネスや留学などで中国に行った息子、娘がYoutubeや中国の動画サイトなどで彼の動画を見て、平壌にいる母親に伝える形で北朝鮮に流入した。今回の場合は、韓流ドラマや映画のように、動画ファイルをUSBメモリやSDカードに保存して持ち込むのではなく、動画を見て書き留めたレシピを持ち込む形で行われている。このような形でも、当局の嫌がる「外部からの情報流入」に当たるが、本人たちは全く意に介さない。「南朝鮮(韓国)も同じ民族なのに、食文化にいいも悪いもあるものか。発展した先進技術を受け入れ、朝鮮のものとして作り上げようというのが労働党の思想であり政策なのだから、問題にはならない」(情報筋)富裕層の女性たちは「旧正月に食卓に出せば夫に喜ばれ褒めてもらえる」とウキウキしているとのことだ。人気の秘訣は「作り方が複雑ではなく、誰でも真似できる」というところにある。実際にレシピ通りに作ってみた女性たちは「魅了された」と評価し、それが口コミで広がっているという。「食事中に妻が夫にペク・チョンウォンの名前を出して料理の説明をすることが増えた。親しい人同士で彼のレシピ通りに作った料理でもてなすそうだ」(情報筋)韓流ドラマ、映画のみならず、韓国製品の持ち込みは厳しく取り締まられる。しかし、当局がいかに取り締まりに血眼になっても、韓流は手を変え品を変え北朝鮮に入っていく。今回の「ペク・チョンウォンレシピ」もその一つと言えよう。それだけではない。富裕層の間では自宅を韓流ドラマに出てきそうな感じに改装することが流行したが、この手の「足がつかない」韓流は、何か言われたとしてもいくらでも言い逃れることができる。かくして、韓国文化が北朝鮮にジワリジワリと浸透していくのだ。

あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月11日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。