北朝鮮で広がる「中国の水は危ない」デマで市民が右往左往

北朝鮮で広がる「中国の水は危ない」デマで市民が右往左往
中国から撮影した北朝鮮・恵山市の町並み (画像:milky0733)

今年1月、世界保健機関(WHO)とGoogleは、人々に新型コロナウイルスに関する正しい情報を伝え、「インフォデミック」を防ぐために合同チームを立ち上げ、Googleでウイルスについて検索するとWHOのページが表示されるようにするなどの対策を始めた。

インフォデミックとは、感染症に関連した不確かな情報がネット上に溢れ、社会を混乱させ、問題の解決を妨げることだ。その解決法のひとつは、情報をできるだけクリアに公開することにある。全国民のほとんどが海外とつながっているインターネットへのアクセスができない北朝鮮とて、デマからは自由になれない。いや、むしろ政府の秘密主義による情報への渇望を補う手段として発達している口コミネットワークが、デマの温床と化してしまう。

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋は、水道水をめぐり、デマとまでは行かなくとも、不確かな情報が市民を右往左往させている現状を伝えた。

恵山(ヘサン)市郊外の蓮峯一洞(リョンボンイルトン)では、山向こうの谷の泉で水を汲もうとする人が大勢いる。また、国境警備隊の第25部隊のそばにある井戸では早朝から深夜に至るまで水を汲もうとする人の列が途絶えない。

人々が泉や井戸に殺到しているのは、水道水に対する不信感のせいだ。市内で供給される水道水は、中国との国境を流れる鴨緑江の水を汲み上げ、消毒したものだが、市民は「なんだか気持ち悪い」と感じ、飲用を避けている。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月26日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。