「余計なひと言」で見せしめの刑にされた北朝鮮男性の悲劇

「余計なひと言」で見せしめの刑にされた北朝鮮男性の悲劇
金正恩(キム・ジョンウン)氏
       

かつて500年にわたって高麗(918年~1392年)の都が置かれていた開城(ケソン)。元々はソウルと同じ京畿道(キョンギド)に属し、鉄道で1時間半~2時間ほどで結ばれ、行き来も頻繁だった。

1945年に朝鮮が日本の植民地支配から解放され、北緯38度線を境に北をソ連、南を米国が分割統治することになったが、それより南にあった開城は米軍統治下、やがて韓国の領土となった。

しかし、市街地のすぐ北西にある松岳山(ソンアクサン)の頂上は38度線の北側で、山麓や市街地が最前線。1949年5月には、韓国軍と朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の間で戦闘も起きている。

やがて朝鮮戦争が勃発。朝鮮人民軍(北朝鮮軍)に一度占領された開城だが、後に連合軍が奪還。しかし、結局は北朝鮮の領土になってしまった。開城を防衛するには、市内の約20キロ北を流れる礼城江(レソンガン)まで確保する必要があったが、難しかったため、意図的に放棄されたと言われている。

そんな歴史を呪うひとことを吐いた開城市民が摘発されたと、デイリーNKの内部情報筋が伝えている。摘発されたのは、開城人参酒工場の初代支配人の孫だ。彼の発言は次のようなものだった。

「(国家は)昼も夜も、戦争が起きるとか何だとか言って(一般市民を)痛めつけているが、なぜ開城がこんな有様になっているのだろうか。(開城が)南側に入って境界線が引かれたならば、運命は良い方向になったろうが、これ(今の現状)がわれわれの運命だ」


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月14日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。