金正恩印の特別配給、平壌市民の期待に満たず

金正恩印の特別配給、平壌市民の期待に満たず
朝鮮労働党軍事委員会拡大会議に参加した金正恩氏(2020年5月24日付朝鮮中央通信より)

1994年7月8日は、北朝鮮建国の父である金日成主席が亡くなった日だ。毎年この日には、首都・平壌の市民に対して特別配給が行われてきた。

平壌のデイリーNK内部情報筋は、今月4日から6日までの間に市内の配給所でコメと副食物の配給が行われたと伝えた。

それに先立つ今月2日と3日、平壌市内の人民班(町内会)の会議を通じて「配慮配給の緊急供給」が伝えられた。そこで伝えられた内容を見ると、「金正恩党委員長の配慮で配給が緊急に行われた」ということを市民に熟知させたいという当局の意図が露骨に見て取れる。

「首領様(金日成氏)の逝去の日を迎え、敬愛する元帥様(金正恩氏)が施してくださった特別な配慮」

「首領様の恩徳と変わらぬ元帥様の愛が、世代を超えて平壌市民に受け継がれた」

ちなみに会議に参加できなかった人は、その内容がまとめられた文書を渡され、きちんと読んだか確認されたとのことだ。

「元帥様のご配慮」が強調されるのは、平壌の食糧事情が非常に厳しいことと関連がある。

平壌では他の地方と異なり、市民に対する食糧配給が続けられてきた。1990年代後半の大飢饉「苦難の行軍」の時ですら、配給が完全に絶えることはなかった。ところが、今年に入ってから様子がおかしくなった。1月、2月に配給が行われず、3月になってから3ヶ月分を一気に配給。1ヶ月分の量も12日分に減らされ、コメではなくトウモロコシが配られた。

また、配給する量を少しでも減らすため、平壌市民証を持たずに居住している人に追放令まで出した。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月12日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。