「偉大なる金日成主席」を「昔のじいさん」呼ばわりする北朝鮮の若者

「偉大なる金日成主席」を「昔のじいさん」呼ばわりする北朝鮮の若者
北朝鮮の招待所で働く女性従業員たち(資料写真:平壌写真共同取材団)

北朝鮮の「建国の父」である金日成主席が死去してから今月8日で26年。同国各地ではこれと関連した教育が行われている。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋は、「首領様(金日成氏)の命日を迎え、身のある忠実性強要事業を行え」との政府の指示に基づき、穏城(オンソン)郡など道内すべての自治体で、金日成氏の生涯を称える様々な行事が行われていると伝えた。

現在、農繁期を迎えて農業の現場での学習、講演会が行われているが、革命歴史研究室の思想学習も行えとの指示が、道党(朝鮮労働党咸鏡北道)委員会から下された。

また、「田畑のど真ん中での学習は真剣味がない」として、革命歴史研究室での研究会、講演会、学習会を行い、先代首領(金日成氏と金正日総書記)の肖像画を見上げつつ、「骨にしみる懐かしさで忠誠心を育てなければならない」などと言った指示も下した。

さらに、時代が過ぎるにつれ、先代首領の業績についての思想的面貌が暗くなっていると指摘し、「わが党の歴史は先代首領の歴史だ。お二方の労苦と業績がわが国を強国たらしめたのだから、敬虔な崇拝心を持つべきだ」などと注文をつけた。要するに、皆、亡くなってから時間が経って忘れてしまっているから、思い起こさせろということだ。

郡内の農場、工場、企業所、女盟(朝鮮社会主義女性同盟)は先月中旬から、革命歴史研究室に、フォーマルなドレスコードを要求した上で人を集め、革命活動についての研究会を開いている。金氏一家の偉大性に関する内容に加え、金日成氏の銅像などに対する敵からの攻撃があるかもしれないから警戒せよとの内容も付け加えられた。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。