「船底が突然消失」北朝鮮で重大事故…ダム湖に消えた人々

「船底が突然消失」北朝鮮で重大事故…ダム湖に消えた人々
ボートで移動中の金正恩氏(朝鮮中央通信)
       

日本の鉄道史における最悪の事故は、1944年12月に起きた沖縄県営鉄道輸送弾薬爆発事故だ。列車に積まれた武器、弾薬、ガソリンが蒸気機関車の火花に引火し、乗っていた兵士、学生など220人以上が死亡する大惨事となった。可燃性物質を無蓋貨車に載せてはならないという規則違反が招いた事故だった。

このような大事故は、戦時中から戦後の混乱期に集中して起きているが、北朝鮮では平時にも頻発している。例えば、1979年には咸鏡南道(ハムギョンナムド)の咸興(ハムン)で貨物列車が爆発、通勤列車が巻き込まれ3000人が死亡したと伝えられている。また、1989年には同じ咸鏡南道で列車が谷底に転落し、数百人から1000人の死者を出している。

事故頻発の背景には、施設の老朽化、安全装置の不備など様々あるが、一向に改善される気配がない。

両江道のデイリーNK内部情報筋によると、今月10日午後、恵山(ヘサン)から甲山(カプサン)に向かっていたボートが沈没する事故が起きた。街頭女性(職場に属していない女性)11人、中年男性3人、9歳の子どもの合わせて15人が乗っていたが、全員が行方不明となった。

いずれも買い物や商売のために恵山に行った帰りだった。家族と地域社会が行方不明者の捜索に乗り出したが、15日経っても見つからないことから、遺体が遠くに流れされてしまった可能性がある。

事故を起こした船は老朽化が著しく、運航中に突如として船底が抜けてしまったとのことだ。また、救命胴衣などの安全装置も装備されていなかったようだ。10人も乗れば満員になる船に15人も乗っていた上に、商品類も多く積まれていた模様だ。


あわせて読みたい

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月8日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。