死亡説の金正恩「復活ショー」の知られざる舞台裏

北朝鮮の金正恩党委員長は今年5月1日、平安南道(ピョンアンナムド)に建設された順川(スンチョン)燐酸肥料工場の竣工式に参加した。しばらく公の場に姿を見せず、重病説や死亡説が飛び交うさ中での登場だっただけに、世界から注目を集めるニュースとなった。

しかし華々しい竣工式とは裏腹に、工場の中身はお粗末なものだった。肥料を生産するラインが1本たりとも稼働できる状態になかったのだ。そして、そんな状況は半年たった今でも変わらない。

デイリーNK内部情報筋によると、工場内には生産に必要な設備が全くなく、原料や科学添加剤も供給されておらず、肥料生産が行える状態ではない。

そもそも竣工式それ自体が、今年4月28日に中央党(朝鮮労働党中央委員会)から急に開催の指示が下されたものだ。

「まだ建設中だったのに、突然竣工式の看板が掲げられ、慌てた」(情報筋)

現地の担当者は、外壁塗装やガラスの設置など、工場が完成したように見せる作業を大慌てで行い、たった2日間で「なんちゃって竣工式」の準備を終えた。金正恩氏が参加する行事であることは知らされていなかったという。

外見だけを完成させた上で竣工式を盛大に行い、残りの工事を行うのは、今までもよく行われてきた手法だ。

中央党は竣工式の後で、「10月10日の朝鮮労働党創建75周年までには、生産ライン2本はなんとしても稼働できるようにしなければならない」との指示を下した。フル稼働は無理でも、ともかく稼働させたいとのことだった。しかし、現実は厳しかった。


当時の記事を読む

DailyNK_Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月6日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。